AIU保険の自動車保険について

主に法人向けの保険商品の販売で知られているのがAIU保険です。

現在は個人向けの保険商品を開発し、ユニークな補償内容で知られています。

自動車保険についても同様で、他社とは違った手厚い保障に加えて、自動車事故以外のリスクについても補償する特約を設定するなど、自動車保険の枠にとらわれない保険商品を提供しています。

AIU保険(自動車保険)の特徴・メリット・デメリットをまとめて知っておくことで、自分の希望に合わせた最適な自動車保険に加入することができます。

外資系損保の場合、保険料設定が国内生保と若干異なることもありますから、事前に内容を良く確認しておきましょう。

特徴

AIUの自動車保険の特徴は、利用目的があらかじめ定められた範囲内に限定している自動車保険をファミリー向けとし、利用目的の用途を定めない個人使用の自動車保険を一般型個人向け自動車保険と区別していることです。

一般的に、個人向けの自動車保険は普通乗用車もしくは軽自動車などに限られていますが、AIUの自動車保険は、個人が保有する大型車やバスなどでも気軽に自動車保険に加入できるように商品設定がされています。

車種により他社に断られてしまった場合でも加入できる可能性があるのがこの保険の特徴です。

AIU保険のメリット

AIU保険の自動車保険に加入するメリットは、コンサルティング営業を通じて加入できることです。

アメリカでの保険ビジネスではコンサルティングビジネスが一般的で、現在は日本でも、商品知識を豊富に有した保険外交員がコンサルティング営業を導入するようになりました。

AIUはその先駆けともいうべき存在で、商品提案力とお客様の情報分析力に優れた保険外交員を配置し、納得のいく保険商品提案を行なっています。

また、自動車事故以外の損害を補償する特約を付帯しているのも注目に値します。

具体的には、カードの不正使用の被害にあった場合、不正使用された金額を補償する特約が付加できます。

これは、ガソリンスタンドなどでカードの不正使用の被害にあった場合に役立つ補償です。

AIU保険のデメリット

デメリットは対応拠点が国内損保に比べて少ないことで、かつてに比べれば提携修理工場などは増加したものの、対応拠点は国内損保に及ばないのが実情です。

これまでに国内損保の補償を受けた経験のある方であれば、その点について物足りなさを感じるかもしれません。しかし、連絡体制の合理化や集約化を図ることで、事故対応を含めスピーディな応対が可能になっています。

【これらの記事も読まれています】