加入している自動車保険会社名

会社の団体扱いで東京海上日動の自動車保険に加入。

加入しているサービス名

ロードサービス・メディカルアシスト

事故の概要と実際に補償された内容

コンビニの駐車場にて駐車している際、アクセルとブレーキを踏み間違えて看板とフェンスにぶつかるという単独事故を起こしてしまいました。

ぶつかった衝撃でバンパーが外れてしまったために、自力走行ができなくなってしまいました。

なので、24時間つながるという事故対応のフリーダイヤルへ電話をしました。

夜間でしたが、思ったよりも早く業者が来てくれました。大体20分くらいで到着しました。

自分の車については、修理金額がおよそ50万と高額であったため、車両保険を使い修理をしました。

車がないと生活が不便な場所に住んでいましたが、修理工場で代車を無料で借りることもでき、修理中の交通手段を確保することができました。

壊してしまった看板とフェンスについては、対物賠償の補償を使いました。

その自動車保険に入っていて良かったと感じた事

事故を起こしてしまった際にどこに電話を掛けたらいいか、という連絡先が書かれたカードを契約の時にもらっていました。

ダッシュボードにそのカードを入れていたことを思い出し、そのカードを見ながら連絡をすることができました。

事故対応のフリーダイヤルの対応してくれた方も親切にしてくれました。

不安でしたが、まず話を聞いてもらえたので落ち着くことができました。

頼んでもらったレッカーの業者もすぐに来てくれました。

また、修理期間の台車を借りることができたことが一番大きかったです。修理が完了した際も、自宅まで車を持ってきてもらうこともできたので助かりました。

自動車保険は保険料で決めてしまうのではなくサービスの内容で決めることが大事なのだ、と事故を起こしてしまった時に改めて感じました。

その自動車保険に入っていて後悔した事

今回は、事故でお世話になりましたのでその自動車保険に入って後悔していたことはほとんどありません。

ですが会社の団体扱いであるため事故を起こしたときに現場に来てくれる代理店がいてくれれば、ということは感じました。

現場急行サービスというものは団体扱いにはありませんでした。

また、実際に事故を起こすまでは保険料も決して安いわけではないし、あまりその保険に入っていて意味があるのかな、ということは感じていました。

何度かインターネットの会社で見積もりを取ったこともありました。

自分の周りの人たちが入っている保険について話をすることもあまりなかったので比べるということもしていませんでした。

今入っている会社の団体扱いでなければ、どこでどういう保険に入ったらよいかを相談する先もわからなかったと思います。

【これらの記事も読まれています】