加入している自動車保険会社名

JA共済自動車保険

加入しているサービス名

クルマスター

事故の概要と実際に補償された内容

まだ車を買ったばっかりで、教習所を卒業してから5年程のブランクがあるペーパードライバーだった頃に、友達を家の前まで迎えに行ったときのことです。

友達が家の前に出てくるのを待っていると、向こうから1台の車がきました。

私が車を止めて待っているところに駐車したいようだったので、後に下がったのですが、細い道で更に運転にまだ慣れていないこともあり、バックする際にハンドルを逆にきってしまいました。

その際に横のマンションに植えてある観葉植物にぶつかってしまい、観葉植物が倒れてしまいました。

元にもどそうとしましたが、観葉植物は倒れかかったままでした。

弁償するのに4万円かかるということでしたが、その4万円をJA共済で補償していただき、マンションの管理会社とのやりとりもやっていただきました。

その自動車保険に入っていて良かったと感じた事

自動車保険に入るときにいろいろ調べたのですが、調べたときはJA共済の掛金が一番安かったです。

自動車保険は毎年お金がかかるものなので、値段が安いのはとても魅力を感じます。

「運転者一定年齢限定保障特約」や「新車割引」などの掛金割引も充実しているように思います。

ネット申し込みで掛金が安いところだとサービス内容や対応が悪いところも多いようですが、JA共済はサービス内容も充実していますし、対応も丁寧な方だと思います。

また、毎年窓口に行って対面式で更新するのですが、その際に担当者と話し合って、無駄の無いもっとも最適なプランを組めたり、免責のことや、補償内容や、特約のことなど解りづらい部分も担当者から対面式で詳しく説明が聞けたりするので、安心して更新できるのも魅力を感じます。

その自動車保険に入っていて後悔した事

ネット申し込みと、クレジットカード決済ができる自動車保険に比べると、毎年自動車保険を更新する際にわざわざJA共済まで行くのが面倒だと感じることです。

しかも自動車保険を取り扱っているJA共済は限られているので、最寄りの駅から2駅離れたJA共済まで行かなくてはいけません。

またJA共済の営業日が月~土曜日で、窓口は結構早い時間に終わってしまうので、会社帰りに立ち寄ることができず、更新に行ける日は基本的に土曜日に限られてしまします。

しかも土曜日の午後に行くと、結構混んでいることが多いので更新するのにやたらと時間がかかってしまいます。

ネット申し込みと、クレジットカード決済ができる自動車保険に比べるとJA共済は更新できる時間が限られてしまうので、とても不便に思います。

【これらの記事も読まれています】