加入している自動車保険会社名

イーデザイン損保

加入しているサービス名

自動車保険(車両保険・対人対物賠償保険、人身傷害保険)

事故の概要と実際に補償された内容

夜中、走行中に居眠りしてしまいガードレールに接触する単独の事故を起こしてしまいました。

事故のせいでタイヤがパンクしてしまったため動くことが出来ず、慌てて保険会社に連絡したところ、ロードサービスが利用できるということでしたので、近くの修理工場まで車を運んでいただきました。

運転していた車の損害と私自身の怪我を「車両保険」と「人身傷害保険」を使用して保障していただきました。

ガードレールに損傷はなかったので、賠償する必要はありませんでした。

車両保険は自己負担金額が5万円ありましたが、全体の修理代金が45万ほどと高額だったのでかなり助かりました。

怪我に関しても、病院での支払いがないように手続きをしていただけたみたいで、金銭的な心配もなく最後まで通院することが出来ました。

その自動車保険に入っていて良かったと感じた事

事故を受け付けてくれるセンターが24時間営業だったため、夜中の事故でしたがすぐにロードサービスなどの手配をしてくださり本当に助かりました。

オペレーターの方も親身になってくれたため、事故直後はパニックでしたが車を運び終える頃には気持ちが落ち着いていました。

車の修理金額も自分が思っていたよりもずっと高額で、車両保険に入っていなければすぐに払えない金額でした。

日常生活に車が欠かせないので、車両保険が使えて本当に良かったです。

保険会社の担当の方が修理工場と話してくれたので、仕事の合間をぬうなりして自分で色々な処理をせずに済んだことも負担が少なく助かりました。

保険会社の方から病院への連絡も早かったので2回目の通院から支払いもなくなりましたし、自分が一部負担した医療費の振り込みも思ったよりも早く感心しました。

その自動車保険に入っていて後悔した事

保険の担当者の部署の営業時間が平日の9時~18時に限られており、仕事が終わった後や休みの日には話が出来ず、担当者と何度もすれ違って中々話が出来なかったのでとても困ったことも何度かあります。

担当者の方も、よく言えば気さくな感じで話しやすかったですが、言葉遣いや態度がとても丁寧というわけではなかったですね。

年配の方は不安を感じるかもしれません。

単独で相手も居なかった事故ですが、事故直後はやはり気も動転しており「どうして担当者が現場に来てくれないのか」と強く思いました。

身体が痛かったり気分が悪い中、自分で警察へ連絡して現場検証をしたり、レッカーの業者と話したりするのはつらかったので、代理店の方が駆けつけてくれる大手の保険会社に契約しておけばよかったかな、と思いました。

【これらの記事も読まれています】