自動車保険は、自賠責保険と任意保険の二階建てです。自賠責保険は事故の被害者に対して支払われる保険制度のことで、加入が義務付けられています。

もし事故の加害者になってしまった場合、相手がけがをした場合の治療費や慰謝料は、自賠責保険から優先して保険金が支払われることになっています。

このことを考えると、自賠責保険の保障範囲内の保険請求事故であれば、任意保険を利用する必要はないということになるのではと思われるかもしれません。

しかし、ほとんどの事例では保険請求事故の場合で任意保険が使われ、等級が下がります。その理由は、自賠責保険制度の仕組みにあります。自賠責保険と等級の考え方をみていきましょう。

自賠責保険とは事故の被害者に対して支払われる保険制度のことですが、保険金は被害者に対して自賠責保険から直接支払われることはありません。

例えば、相手が事故によりけがをして病院で手当てを受けた場合、治療費を自動車保険で賄うことになったときには、一旦任意保険から保険会社が仮払いを行なって治療費に充てることになります。

この時点で任意保険を使うことになるため、等級ダウンとなってしまうのです。

一旦立て替え払いした分の費用は自賠責保険に請求します。そうすることで、自賠責保険から保険金が支払われることになります。

自賠責保険は被害者が請求する保険ではありません。

分かりやすく言うと、加害者が被害者に対して治療費や慰謝料を支払った後に、加害者が自賠責保険に請求を行うことになります。

この仕組みを知っておくと、任意保険を使用して等級ダウンをせずに済む場合があることが分かります。

治療費をすべて加害者側が立て替えてから自賠責保険に請求をすることで、任意保険を使わずに済むことになります。しかし、この方法を実際に利用している人はほとんどいません。

なぜなら、自賠責保険による保険金支払い手続きが難しいからです。

保険会社は自賠責保険の請求手続きを含め、被害者に対して保険金を支払うことを最優先に考えます。

等級ダウンが嫌だからという理由で保険金の支払いを遅らせてしまうと、被害者側との示談交渉が難しくなるのは目に見えているからです。

感情的な問題が生じてしまうと、被害者側の加害者に対する悪感情はひどくなるだけでなく、精神的慰謝料もさらに増えてしまう場合さえあります。自分ですべての費用を賄えるのであれば問題ありませんが、そのようなケースは稀なはずです。

ですから、示談交渉をスムーズに進めるためにも、等級ダウンはやむを得ないと考える方が得策と言えます。

【これらの記事も読まれています】