交通事故にはなるべく遭いたくありませんよね。ただ、こちら側が気をつけていても、100パーセント回避することが難しいのが交通事故です。

どのような規模であれ、交通事故にあってしまった時点でその事故の当事者になることは間違いなく、特に交通事故被害者になってしまった場合、被害を正確にまとめて、相手に補償してもらう必要が出てきます。

まずは、警察に事故の届出を。その場ですぐに電話しましょう。

相手の過失がある、ないに関わらず、警察などの調査で被害者という認定を受けたのであれば、損害はしっかりと請求する権利があるわけですから、その場で簡単に話しをまとめてしまうのは危険です。

悪質な相手であれば、事故を何回も起こしていて事故の後処理に馴れている場合があります。

そのような相手がまず事故の時に試みようとするのは、警察を呼ばないということが挙げられます。軽い事故であり、お互い身体に異変がないので、警察を呼ばずその場で片付けようというものです。

ですが、これは事故の記録が残らず、保険会社の補償の対象外になってしまうことに繋がりますので、絶対に避けなければなりません。

お互いに怪我がない場合、警察に通報すればそれは事故記録として残ります。

怪我をした場合、相手は刑事罰に問われることになります。もっとも、そのような状態であれば救急車が来るなど、相手はとてもではないですが逃げられる状態ではありません。

救急車を呼ぶほどの事故であれば、加害者側は警察署でしっかりと取り調べを受け、起訴されることになり、高い確率で相手の保険会社が連絡を取ってきます。

その場合はしっかりと補償されると考えてまず間違いありません。保険会社が相手に対応を指示するので、相手も誠意を持って接してくれることが多いです。

問題は怪我をしていないけれど、過失割合は完全に相手にあるという場合、お互いに物損している場合、心配しなければいけないのは相手が保険会社に連絡をしてくれるかどうかということです。

補償自体は相手のポケットマネーではなく、保険金で賄われることが多く、事故に馴れていない加害者の方は保険会社に連絡するのを忘れてしまうことがしばしばあります。そうなるとまともな補償が受けられません。

ですから、交通事故被害者になってしまったときは、どのような規模であれ、相手がしっかりと保険会社に連絡をし、その保険会社からこちらに連絡が入るような手続きを取る必要があります。

そうすれば相手も保険料金が上がる程度で済みますし、こちらはしっかりと補償してもらえます。

【これらの記事も読まれています】