交通事故の被害によって抱えることになってしまう障害は、物理的な怪我によるものだけではありません。

トラウマ、PTSDなど、精神に重大な影を残し、その後の生活に支障が出るようになってしまった場合は非器質性精神障害として後遺障害認定を受けることができます。

精神に関わることですし、外見だけではどうしても判断することができないことではあるものの、凄惨な事故の記憶、または神経系に対してのダメージを原因とした不安や鬱状態など、事故によって背負った症状がずっと続いてしまう場合、時間が癒やすこともなく、障害そのリスクを抱えなければいけない場合は、後遺障害認定が必要です。

非器質性精神障害に関しては後遺障害認定の中では14級、12級、9級に分類されています。

これらの項目では、非器質性精神障害という言葉によって事例が示されているので、認定を受けるための重要なポイントとしては医師の診断によってしっかりと交通事故で非器質性精神障害を負ったということを証明することが挙げられます。

14級、12級、9級では精神的に抱えたことによって仕事に影響が出ているということを定義として示しています。

事故のトラウマで転職した、資格を活かした、一番稼げる仕事ができなくなってしまったなどのケースでは、後遺障害認定を受けることが可能になります。

例えば、仕事を続けることができてはいるものの、通勤中に遭遇した事故であり、辛い記憶が蘇ってしまうからその現場を避けて通勤したいので自腹で迂回分の交通費を負担している場合は14級の「通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、軽微な障害を残すもの」という定義に該当する可能性もあります。

交通事故の被害にあってまったく何事も無かったかのように、そのまま過ごすことができる方は少ないですが、ポイントはそのような状態が固定してしまったということです。

癒えることがない精神的な負荷を抱えたまま、生活していくことを余儀なくされた場合は、後遺障害認定を受ける資格があります。

精神的なトラウマを症状として固定されることはなかなか難しいものですし、精神科医も慎重に診断することになります。

ただ、明らかに事故が原因でそのような状態に陥ってしまったということがわかっている場合、そして時間が癒してくれるわけでもないということが目に見えている場合、後遺障害認定で救済を受けることで少しは救われることになります。

【これらの記事も読まれています】