後遺障害等級認定の結果に対して不満がある場合、異議申立書を提出することにより再度審査を求めることができます。

何度でも申し立ては可能ですが損害賠償請求権の消滅時効は3年なので注意が必要です。しかし一度請求した場合10年まで時効が延長されます。

これには、検査結果や医師の意見書、後遺障害診断書など新たな追加資料などの準備や認定結果を検討するところから始めます。

通常、異議申し立てが認められるケースは少ないため後遺障害認定に関する適切な専門的知識が必要です。

弁護士に依頼することにより認定基準に沿って内容の整った手続きができ、異議申し立てをすることによって結果が変更される可能性も高くなり、書面提出も代行が可能です。

【これらの記事も読まれています】