人身傷害補償保険とは

自動車の運行に起因する事故などにより、被保険者が身体に傷害を被ることによって生じた損害に対して保険金が支払われます。

この保険の特徴は運転者自身の過失の有無にかかわらず、実際の損害額を補償する点にあります。

このため、自損事故を起こしてしまって誰からも賠償されない場合の損害や相手がある事故が発生したが、交渉が難航して保険金の確定が行われない場合であっても、先に保険金の給付を受けることが出来ます。

※被保険者とは、契約上定められた範囲の補償の対象者を指します。

◆記名被保険者に対しての人身傷害補償保険適用範囲

※フルカバー・・・人身傷害補償保険適用を限定しない場合
※搭乗中のみ・・・保険の適用範囲を契約自動車に乗っている間の事故に限定する場合

ご契約の自動車搭乗中の事故への補償 他の自動車搭乗中の事故への補償 歩行中の自動車事故への補償 交通乗用具での事故への補償 犯罪被害事故への補償
ご契約の自動車に搭乗中の事故 フルカバー
搭乗中のみ
フルカバー フルカバー フルカバー フルカバー
ご契約の自動車以外に搭乗中の事故 フルカバー フルカバー フルカバー フルカバー フルカバー

上記の表のとおり、保険の支払い対象となる補償範囲を契約自動車搭乗中のみに限定することもできます。

そうすると保険料を安く済ませることが可能ですが、表の通り補償範囲はかなり狭いものとなります。

そのため、通常お車が1台しかない方には人身傷害補償はフルカバーをオススメいたします。

もし、ご家族のうちの誰か一人がフルカバーで自動車保険に加入されている場合は、残りのお車には搭乗中のみとされることがオススメです。(誰か一人が加入していれば、家族全員へ補償内容が適用されます。)

【人身傷害補償保険での支払いの対象】

  • 治療費などの実費
  • 逸失利益
  • 精神的損害
  • 将来の介護費用・もしくは葬儀費用など

(例)入通院された場合・・・治療費などの実費・休業損害(働けない期間に得たであろ収入)・精神的損害

人身傷害補償保険では、補償範囲を限定しなければ自動車事故だけでなく、自転車に乗っている間や歩行中に自動車に起因する事故に巻き込まれた場合なども補償することが可能となります。

中には飛行機・列車などの日常生活において活躍する主な交通手段にかかわる事故での補償を受けることが出来る保険もあります。

死亡事由は交通事故等に限られてしまうのですが、生命保険と比べると格段に割安な保険料にて被保険者に対して保険金額の無制限を設定することも可能な保険とも言えます。

それゆえ、人身傷害には万が一の場合のご自身の補償としてだけではなく、残された家族への補償としての役割も持っています。

こうした残された家族への補償という観点でもこの保険を付帯する場合は、保険金額無制限とされることをおすすめいたします。

【これらの記事も読まれています】