自動車保険は、人生を棒に振らない為にも、自動車に乗る人なら誰もが加入すべき保険です。

自動車保険には、強制加入の自賠責保険と任意保険の民間保険がありますが、自賠責保険の内容をきちんと理解している人はどれくらいいるでしょうか?

さらに、任意保険の内容はかなり複雑です。

加入している自動車保険の内容を押さえておくことはもちろん、特約や得する仕組みについて理解することで、今まで余分に払っていた保険料を節約することができるかもしれません。

今日はそんな自動車保険の基礎知識を詳しく紹介していきます。

もくじ

自動車保険

自動車保険の種類とは?

自動車保険には強制加入の自賠責保険と任意加入の民間保険会社による自動車保険の2種類があることをご存じでしょうか?

まず、すべての自動車に対して、自賠責保険 (自動車損害賠償責任保険)の加入が義務付けられています。

自賠責保険は対人賠償のみで被害者救済を目的とし、運転者には無過失責任に近い責任を課しています。

つまり、加害者に故意や過失がなくても事故を起こしたら、被害者に対する損害賠償を負うことになります。

そのため自賠責保険の請求は加害者が保険会社を通じてするのが一般的ですが、被害者から請求することもできます。

補償内容は被害者1人あたり、死亡事故の場合3,000万円、後遺障害は程度に応じて75~4,000万円、さらに傷害は120万円までとなっています。

近年の自動車事故では賠償額が高額化しています。

例えば対人賠償では3億円もの高額賠償が判例としてあり、自賠責保険の補償額は十分とはいえません。

そこで必要となるのが、任意に加入することができる自動車保険です。

民間の保険会社が行う任意加入の自動車保険は、目的に応じて加入者が自由に組み合わせることができます。

そのため補償の種類が多く、対人賠償のような相手方への補償はもちろん、自分自身の身体や車に対しても補償が必要です。

その3つの観点から、民間保険会社による自動車保険の一般的な補償内容を紹介していきます。

民間保険の補償内容

民間保険会社による自動車保険の補償内容

相手への賠償 対人賠償保険・対物賠償保険
自分の補償 人身傷害補償保険
車の補償 車両保険

相手に対する補償内容として、自賠責保険では対人賠償保険のみでしたが、対物賠償保険も必要です。

一般的に対人賠償保険、対物賠償保険ともに無制限の金額で補償される任意保険への加入が一般的となっています。

自動車事故の過去の裁判例によっては、数億単位の賠償を要求されています。

自賠責保険だけでは補償額が不十分であり、無制限に保障される民間の自動車保険が有効となるのです。

また、自分自身に対しても人身傷害補償保険で、相手方との示談を待たずに補償してもらえた方が安心です。

自動車事故の示談は、加害者・被害者双方の過失を割合で決定します。

よって示談後も自分の過失分に対しては、相手から補償がありません。

そこで人身傷害補償保険はその分を含めて人身傷害補償保険は実損払いしてくれるのです。

搭乗者にケガをさせてしまうことも想定されますので、人身傷害補償保険も入っておくべき保険といえます。

一般的には3000万円~5000万円の保険金額で設定する場合が多く、示談を待たずに補償されるので急な出費にも対応してくれるありがたい保険です。

万が一、相手が無保険の車だった場合や単独の事故で死傷した場合には十分な補償が受けることができません。

そういった場合にもこの人身傷害補償保険が大変有効と言えます。

さらに、車の補償が必要な人は車両保険で自分の車にも保険をかけておけば、車両損害が補償されます。

新車の場合や高級車の場合、車両保険をかけることは必須でしょう。

車両保険は偶然の事故や盗難などの場合にも補償されますので、使用頻度は高いと言えます。

他にも民間の自動車保険には、搭乗者傷害保険や自損事故保険、無保険車傷害保険などの補償がありますが、保険料の節約を考える人にとっては、必要性が対人賠償保険や対物賠償保険・人身傷害補償保険・車両保険に比べて低いと言えるかもしれません。

知らない人が多い特約と保険料の節約

次は、民間自動車保険の特約や割引についてみてみましょう。

特約で運転する人の範囲を本人のみ、夫婦のみ、家族のみと限定すれば、運転者家族限定の割引が受けられます。

限定する範囲が狭いほど割引率が高く、年齢条件も上げることで保険料がかなり安く抑えられます。

また、複数台車を所有している人で、一台目が11等級以上なら、二台目は6S等級ではなく7S等級から等級をスタートすることができます。

等級が上がるほど保険料は安くなるので、セカンドカー割引を利用するべきです。

さらに車両保険に加入している人には新車割引・盗難車両装置装備車割引・ABS装着車割引やハイブリッド車割引といった車の装備や新車という条件によって割引が適用されます。

民間自動車保険の特約・割引

運転者家族限定特約 運転する人の範囲を限定すると保険料割引
セカンドカー割引 車を2台以上もっていると割引になる
車両保険割引 新車割引・盗難車両装置装備車割引・ABS装着車割引・ハイブリッド車割引

自動車保険はできるだけ安いものを選んで、家計に負担を掛けたくないものです。

今、保険料が高いと感じている人はまず、使える特約がないか検討しましょう。

また、余分な補償に加入していないか確認した上で、もしも削れる部分がないようなら、インターネットの自動車保険への乗り換えをおすすめします。

民間保険会社による任意保険のインターネット加入は普及しつつあります。

自動車保険の保険料が圧倒的に安いことがその特徴です。

さらに、保険金支払いの面でも、ネット系だから支払が遅いということは少なくなってきているようです。

まとめ

自動車を保有する人にとって自動車保険は大きなコストです。

保険料を見直すことは固定費が減ることにつながります。

ただし、安全と安心のために補償の内容を削ることはおすすめできません。

最低でも、民間保険で対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険への加入が必要だと言えます。

車は自動車事故という大きな危険を孕んだ乗り物ですが、私たちの日常生活になくてはならない存在です。

安心して車の運転ができるように補償を充実させた上で、保険料をできるだけ安く済ますことが必要です。

保険料の見直しは一度すれば、毎月の節約につながります。

新規で自動車保険に加入する方はもちろん、自動車保険の見直しを今まで検討したことがない人も、必要な補償のある自動車保険になっているのか自分自身で内容を確認して申込みをしましょう。

【これらの記事も読まれています】