交通事故によってもたらされる人的被害というのは、怪我だけではありません。

被害者の方が経験してしまった事故そのものの記憶、痛い経験、恐怖すべてが、交通事故の被害です。

後遺症として治療が長引いてしまうのはもちろん誰が見ても明らかな被害ではありますし、加害者が補償すべきことです。

ただ、それでは身体症状として、後遺症として残らないものは事故の補償から外れるのかというと、それではあまりにも被害者にとって酷になってしまいますし、怪我が治ればいいのだろうという加害者の勘違いを生み出しかねません。

そのために設定されているのが後遺障害(後遺障害等級認定)です。

後遺障害と後遺症は違います。

後遺障害には冒頭で触れた事故の辛い記憶、それによって変わることになってしまった生活習慣など、明らかに事故のせいでそのような状態に陥ってしまったということを証明するものです。

肉体的な怪我が治っても精神的傷が癒えない、かつそれが明らかに事故のせいだということが医学的に証明されていれば、それは後遺障害になります。トラウマ状態も、後遺障害ということです。

それによって生産性が低下し、収入が減ってしまったなどであれば、それを補償してもらうために後遺障害認定を受けるのが最善になります。

後遺障害等級は1級から14級まで区分けされています。

それぞれに定義が定められていて、症状の程度によって共済金の金額が違ってきます。

最大は神経系統の機能、あるいは精神的に著しい障害を残していて、常に介護を必要とする、もしくは胸腹部分の臓器機能が著しい障害を有していて改善されず、常に介護を要するものという定義です。

具体的な症状ではなく、程度として定義されています。14段階それぞれにこのような定義付けがされているので、医師の診断などを基にしてしっかりと、どの等級なのかということを調べ、認定されることで救われるということになります。

認定には保険会社などの専門機関を必要とすることがほとんどです。判断を下すのは損害保険料率算出機構という機関で、提出する資料が等しければ結果は変わりません。

重要なのはしっかりとした資料を用意することになります。人生が狂わされてしまう交通事故の被害にあった場合、泣き寝入りが一番よくないことです。

しっかりと認定を受けて、得るものを得るということは、正当な権利ですので、被害者の方はそれを放棄しては絶対にいけません。しっかりとした補償を受けることが大切です。

【これらの記事も読まれています】