末梢神経とは身体の各部に伸びている神経の総称です。末梢神経障害とはそれらに異常が生じることです。

末梢神経障害での具体的な症例としては、皮膚の感覚がなくなってしまうという例が挙げられます。

それでは、そのような感覚がなくなってしまうことについてのリスクにはどのようなことがあるのかというと、痛みや熱さも感じなくなってしまうということであり、怪我をしても気がつくことができなくなってしまうということでもあります。

怪我をした際に私たちが痛いと感じるその感覚、それは身体の異変を知らせるものでもあり、私たちが自分の身体を守っていくために必要な反応でもあります。それが正常に機能しなくなるということは、障害以外の何物でもありません。

後遺障害認定の等級で示すと、14級の局部に神経症状を残すもの、という部分と、12級の局部に頑固な神経症状を残すもの、という部分に該当します。

等級に差がありますが、14級では医学的に交通事故の後遺障害であるということが説明できるということとされていて、12級では医学的に交通事故の後遺障害であることが証明できることとされています。

つまり、医師の診断において交通事故の後遺症だと思われる、というレベルか、交通事故の後遺症だということが確認できた、というレベルかという違いです。

同じ障害を負っていても、医師の診断で認定される等級に差が出てきてしまうということになりますので、ここは注意したい部分です。

末梢神経障害を原因として、感覚障害だけではなくて機能障害までも併発する可能性もあります。

腕が動かせる範囲が限られてしまう場合や、それによって仕事や日常生活に支障が出てしまった場合は、10級というさらに上の後遺障害認定を受けることができる可能性もあります。

物理的な怪我が治癒したとしても、末梢神経障害のせいで障害が残り続けるということであれば、後遺障害認定を受ける必要があるということになります。

交通事故の後処理は被害者が元通りの生活に戻ることができるまで終わりません。つまり、一生涯残る障害を負ってしまった場合は、ずっと終わらないということです。

加害者はいち早く事故のことを忘れたいと考えているのは間違いありませんが、被害者はそうはいきません。

このような障害が発覚した場合は、それが些細な症状であっても過ぎたことだから、と済ませてはいけないのです。しっかりと認定を受ける必要があります。

【これらの記事も読まれています】