(例)対物事故の場合

①被害相手・保険会社への連絡 → 警察への届出(必ず行いましょう!この届け出により保険金請求に必要な交通事故証明書*1が発行可能となります)

②損傷状況の確認(現場維持が難しい場合もあります。そんなときは携帯などで写真を取っておきます)

③事故状況の確認

④被害物の修理代金確定

⑤相手との交渉・過失割合の確定

示談成立

⑦保険金の支払い

※1・・・交通事故証明とは、交通事故の発生日時・発生場所・当事者等が記載された文書です。警察の資料に基づき、自動車安全運転センターが発行しています。この交通事故証明は、事故があった事実を証明する書類であり、事故の原因・過失割合・損害の規模を証明する資料ではありません。

一度、事故が発生すると多くの手続きが発生します。

もし、これが対人事故となると、相手のケガの状況により、その治療が関係してくるために、治療日数の確定・支払保険金の算出など解決までは長い時間を要することになります。また事故当事者双方の時間を奪い、精神的な負担も発生します。

そのため、事故に遭わないように日ごろから安全運転を心がけていきましょう!

【これらの記事も読まれています】