SBI損保の自動車保険について

SBI証券のSBIホールディングスとあいおいニッセイ同和損害保険会社とソフトバンクが出資したユニークなダイレクト系損保。

2008年営業開始ながらも、週刊ダイヤモンドやオリコンでの評価が高い。

【特徴】

ソフトバンクが出資していることもあってか加入経路にスマートフォン・携帯電話がある。

新規契約が携帯電話から出来るのは珍しく、年齢条件の設定も最大が26歳と全体的に若者を意識した印象を受ける。

<SBI損保の自動車保険おすすめのポイント!>

1.迅速な保険金請求手続き

保険金請求時の意思確認が電話で出来る。

しかも、示談書省略や交通事故証明書の取付け代行などわずらわしい書類のやり取りが少ない!

2.いくら走っても大丈夫

走行距離が保険料設定に組み込まれていないため、どれだけ走っても保険料には影響がない!

3.充実したロードサービス

サービス内容は一般的だが、レッカーについては距離制限がないので安心!

4.週刊ダイヤモンドでの保険料ランキング2年連続1位

そのほか、オリコンでも保険料満足度NO.1の実績!

<SBI損保の気をつけた方がいい点>

  • 9-17時と土日祝日は事故を起こしちゃダメ
    この時間帯の事故は受付&緊急ロードサービスのみで初期対応が一切不可。休日のドライブなど使用頻度が高い時に初期対応してもらえないのは不安が残る
  • サービスが突然中止される可能性がある
    サービスガイドの中にはロードサービスの内容について予告なしに中止・変更することが出来ると定めてあり、契約者が知ることが出来るのはWEB上の掲載でのみ。しかも事後通告でも契約者は了承しなければならないと記載されています。これはあまり見られない例であり、やはりサービスを受ける側としては不安になります
  • 年齢条件の幅が狭い
    最大で26歳以上担保となっているため、年齢が30歳を超える方の場合は保険料が他社の方が安くなる可能性が高い。実際、私も試算したところ、他社より高い保険料となりました。

SBI損保はこんな方にオススメ!

  • 手軽に契約をしたい若者
  • 書類のやり取りが面倒な方

【これらの記事も読まれています】