交通事故の損害賠償の中には積極損害といわれる分類の損害があります。

交通事故によって生じた損害は、どのような規模であれ加害者側がしっかりと補償する責任を負っていて、通常であれば加害者が契約している保険会社が補償します。

そのかわり、加害者側は保険の等級が変わって保険料が上がるということになります。怪我などの被害がある場合、刑事罰として起訴もされます。

損害賠償以外にも加害者は刑事罰を受ける、つまり懲役か罰金を検察庁で支払うことになります。

加害者が担保しなければいけない費用、つまり損害賠償の中でもこの定義の損害は計算が容易です。

計算が容易なのは事故の被害者がその事故の被害にあったせいで出費しなければいけなくなった費用だからです。

例えば事故のせいで車やバイク、自転車などが壊れてしまったのでその修理をしなければいけないということや、怪我をしてしまったので治療にお金をかけたこと、さらには所持していたものが壊れてしまったので買い直したなど、直接的な被害を総称して積極損害といいます。

軽微の事故であれば、事故の後処理は保険会社が行いますので、積極損害の計算も保険会社の担当が的確に行い、加害者側は最終的にいくら支払ったのかという結果のみを知ることになります。

事故が重大なものであれば、加害者は被害者の元に菓子折りを持っていくなど、密接な交流が始まることが常ですので、相手の状況などを直接聞くこともあります。

その事故がなければ発生しなかった実損が、積極損害という名前であるということをまず押さえておくことが大切ですが被害者にとっては、言葉はどうでもいいので、加害者が被害者に伝える言葉ではありません。

ただ賠償を担保する保険会社にとってはこのラインは大切なもので、慰謝料までは担保しない、実損しか担保しないという契約になっている場合は、保険会社と加害者の間で、この損害定義に関するラインの了解が必要です。

保険の契約の際にも補償の範囲として積極損害は担保する、と明記されていることもあるので、知っておいて損はない言葉です。

実際に費用が発生しない部分はこの範囲ではないので、そのような観点で見分けることが大切です。万が一被害者と加害者が係争することになった場合も、この言葉はとても重要になりますので、意識するようにしておくといいでしょう。

言葉の定義は認識を合わせるために必要ですので、言葉の意味を正確に捉えておくことは係争中の二次トラブル防止にも繋がります。

【これらの記事も読まれています】