車両保険とは

事故や台風・盗難などによる契約自動車の損害に対して保険金を支払います。

この車両保険は主に補償範囲の広い『一般』と『エコノミー』の2つの契約方式にわかれます。

事故例 他の自動車との衝突 事故後の状態 火災・台風など
※1
盗難事故 単独事故 当て逃げ
加入方式:
一般
加入方式:
エコノミー
※2 × ×

※1 火災・爆発・台風・洪水・いたずら・飛び石その他偶然な事故を指します。

※2 相手自動車とその運転者か所有者が確認された場合のみ補償します。

車両保険では、契約者の所有する自動車の価値をあらかじめ、その自動車の用途・車種・車名・型式・初度登録年月を元に市場価格の範囲内にて保険金額として設定します。

その後、1つの事故における自らの負担金額(免責金額)を定めます。

車両保険金額は高額であれば、その分補償内容が厚いことになるため、保険料はその分高くなります。また、多くの損害保険会社では車両保険金額をそのクルマに適正な価格を設定することと定められています。

そのため、300万円のクルマであっても、保険料が高くなるのが嫌だと言って200万円の保険金額を設定するということが出来ません。

300万のクルマなら300万の車両保険金額を設定することになるのです。基本的に自動車はその使用年数とともに価値が減少しますので、車両保険金額は契約年数とともに減額されます。そのため、契約更新の度に車両保険金額は見直されます。

しかし、保険締結時に契約自動車が新車であり、一定の条件を満たす場合、一定の保険期間は『全損もしくはそれに近い状態となった場合』に車両購入時の金額を保険金として受け取り、また新車を購入できる特約をつけることも出来ます。

台風・盗難・いたずらなど外で使用するクルマは常にさまざまな危険にさらされています。これらの危険はどれも完全に予防することは非常に困難です。しかし、車両保険で備えておけば、保険金額の範囲内にて補償を受けることも出来ます。

免責金額(自己負担額)とは

免責金額とはその名の通り、事故が発生しても、保険者である保険会社が保険金の支払いを免れる金額を指しています。

それゆえ、免責金額を設定すると1つの事故での修理金額が免責金額を下回った場合には保険金の支払いが行われません。保険金支払いの可能性が減ることになりますので、この免責金額を設定すると保険料は安くなります。

そのため、一般的には保険料を安く抑えたい場合にこの免責金額は設定されています。

【事例】

契約者Aさんは信号待ちの完全停止の状態で、わき見運転をしていた自動車に衝突されAさんのクルマはほぼ全損となりました。(このケースではAさんは完全に停止をしており、Aさん側に過失はなく、Aさん:相手=0:100の過失割合となる)

<車両保険なしの場合>

相手の自動車保険の対物賠償では、Aさんの自動車の時価額までしか保険金が支払われないため、現在と同等の自動車を手に入れるためには不十分であり、交渉は難航。

結局、時価額のみの支払いとなり、自動車の再取得のために差額分はAさんが負担することとなりました。

<車両保険ありの場合>

Aさん自身で新車購入時の費用を保険金額として契約していたため、自身の車両保険から再取得に必要な保険金を受け取ることができました。

しかも、今回のケースではAさん側には過失がないため車両保険を使用しても、等級は下がることがなく、翌年の保険料には影響がありません。

車両損害は想像以上に高額になります。

契約内容にもより異なりますが、フルカバーの車両保険をつけておくと、自分自身の過失による損害についても補償を受け取ることができます。

特に新車で被害にあった場合は、『せっかくの新車だから、きれいなまま乗り続けたい』と望まれる方がほとんどです。そのため、保険料はかなり上がってしまいますが、車両保険を付帯されることをオススメします。

【これらの記事も読まれています】