交通事故の当事者になってしまったときに意識しなければいけないことでもっとも処理が長引くのは損害補償に関する後処理です。

基本的に自動車やバイクでの事故であれば、保証する側は保険会社、保証される側は被害者となりますが、事故にいつ遭遇してしまうかわからないのですから、担保される損害補償対象とその範囲について知っておくと、いざという時の処理も安心して対応することができます。

それは被害者になったとしても加害者になったとしても同様です。

交通事故によって発生した損害は、おおまかに系統分類されることになります。

財産的損害とは?

まずは財産的損害、これは計算することが容易な項目になります。財産的損害のなかには物損したモノの値段、事故の処理手続きにかかってしまった経費など、実損として発生した損害のあらゆるものが含まれます。

これらは計算が簡単で、保険会社がしっかりと被害者側からヒアリングして聞き出すことができます。

財産的損害の中には積極損害と消極損害があり、積極損害は事故によって直接もたらされた損害になります。

対して消極損害は事故によって身体を壊して仕事ができなくなった、辞めなければいけなくなったなどで生じた損害のことを指します。

事故の後遺症で働けなくなったのでそれを補償して欲しいと言われた場合は、消極損害のことを指しています。これらは計算が少し難しくなりますが、それでも理にかなった算出が可能です。

精神的損害とは?

問題は精神的損害の方です。これはいわゆる慰謝料というもので、計算がとても難しい項目になります。

事故のトラウマを癒して欲しい、事故のせいでその日の予定がキャンセルになってしまった、大切な約束を果たすことができなくなってしまった、だから慰謝料が欲しい、このような内容は民事訴訟で請求されるものになっていて、保険会社が担保する部分ではないことも多いです。

ですが、このような慰謝料も損害賠償対象であるため、事故の被害者は請求することができるということです。

民事の係争には基本的に保険会社は介入しませんので、自身で対応するか、弁護士を雇うことになります。

主張が食い違うこともあり、規模が大きくなると裁判になります。損害賠償請求は被害者の権利でもあるので、一方的に無視することができません。

このようなことにならないように、事故の当事者になった場合はしっかりと相手と話し合うことが大切になっているのです。初期対応で慰謝料云々が回避できるケースは沢山あります。

【これらの記事も読まれています】