そんぽ24の自動車保険について

NKSJホールディングス傘下の日本興亜損保が運営するダイレクト型自動車保険が、そんぽ24の自動車保険です。

軽快なリズムとかわいらしいマスコットが特徴のテレビコマーシャルでも知られており、ダイレクト型損保ならではの割安な保険料と、大手損保が運営する安心感とで信頼を得ています。

そんぽ24の自動車保険への加入を検討しているなら、事前にそんぽ24(自動車保険)の特徴・メリット・デメリットを知っておくことが大切です。

自動車保険は損保それぞれに商品の違いがあり、それぞれを比較することで自分の希望にあった商品を選択できます。

特徴

そんぽ24自動車保険の特徴は、徹底的な合理化により割安な保険料を実現していることです。

日本興亜損保やそんぽ24の前身である安田火災は、これまで代理店方式での自動車保険商品の販売を行なってきました。

外資系損保では顧客のニーズに合わせた保険商品販売を手掛けてきましたが、日本はこの点で大きく出遅れた状態にありました。

代理店方式では、保険料の一部に代理店報酬を含んでいるため割高な保険料になってしまいますが、そんぽ24は代理店方式ではなく、ダイレクト型の販売を行うことで人件費や支払い報酬の節約に成功し、これまでにない割安な保険料を実現しています。

そんぽ24のメリット

そんぽ24を利用するメリットは、事故対応が早いことです。

ダイレクト型自動車保険は、電話がつながらなかったり、事故対応依頼をしても実際に対応するまでに時間がかかったりすることがありました。

そんぽ24では内部体制の見直しを図り、スピーディに事故対応ができるホットラインを開設しています。

そのため、万一の事故の際にも安心して対応を依頼することができます。レッカーサービスや帰宅費用の支払いなどにおいても、業界最高水準の補償を提供しています。

そんぽ24のデメリット

一方でデメリットもあり、ネット通販型を採用しているため、自動車保険に精通していない人にとっては、補償内容が複雑で分かりにくいと感じる傾向があります。

特約の付帯など、本当に必要な補償についても自分で選択する必要があるため、代理店のように補償ごとにわかりやすい提案をもらうことは期待できません。

パンフレットなどの資料請求はできますが、保険用語など分かりにくい情報についても同様です。

もし、自動車保険についてある程度の知識があれば、自分で補償の選択ができるため利用しやすいと感じることでしょう。

メリットとデメリットを把握することで、自分に合った最適な自動車保険を見つけることができます。

【これらの記事も読まれています】