車やバイクを運転する方は、法律で自賠責保険への加入が義務付けられています。

つまり、自身で加入している任意保険とは別に、共通の支払い基準を持った保険を誰もが利用することができるということです。

自賠責保険は人身事故にのみ適用される保険で、物損事故については補償されないのがポイントです。

自賠責だけではなく任意保険に加入する必要があるのはそのためで、事故の加害者になってしまった際に相手は、怪我はしていないものの車が壊れてしまっているという時にどのようにして補償するか、ということを考えると、自然と任意保険に加入する選択肢しかなくなります。

自賠責保険はある公的側面を強く持った保険になっています。

任意保険のようにプランが選べるわけではなく、補償されることは共通です。

裏を返せば、事故の被害にあった際に、相手どのような方であれ、最低限自賠責で担保されている内容は補償を受けることができるということになります。

加害者から保険に加入していないと言われてしまった場合でも、自賠責は絶対に加入しているということをまずは押さえておく必要があります。

自賠責では怪我をした人が被害者になります。

それは過失の割合に関係なく定められていることです。

あくまでも自賠責のなかだけでの括りですので、車と車の事故で、相手に過失があったのに、こちらが加害者になっているということは気にする必要がありません。

また、任意保険のように被害者とされた側に過失があった場合は過失相殺が行われますが、自賠責ではそれも行われません。

怪我をした方は補償を受けることができます。減額されるのは重大な過失があった場合で、7割以上の過失割合になると減額されてしまいます。

ただ、過失割合でも怪我をしたという観点でも被害者である場合は問題なく支払われることになります。

さらに、相手との係争が長引きそうなときに被害者請求を行うことで示談成立前から補償を受け取ることが可能であるのも自賠責のポイントです。

通常であれば加害者が保険会社に対して委託するなどして被害者に支払うのが補償金ですが、自賠責では被害者が直接請求してスピーディな解決を目指すことも可能になっています。

被害者請求自体は高度なテクニックになりますので、専門家に委託する方が無難です。

事故の後処理で揉めた場合、それが長引くと精神的にもよくありませんので、自賠責保険を活用するためにも専門家を探した方が良いでしょう。

【これらの記事も読まれています】