6156b1d14aae8e2ab9c71e32905d502a_s
 
2年に一度の大きな出費である車検。

定期交換部品が重なると、20万円以上になってしまうこともあります。

ディーラーの車検は高いですよね。

全てにおいてディーラーの車検が割高という訳ではありませんが、費用を抑えたいのなら方法はあります。

ディーラーだからこそできることもありますが、少しの手間で車検はお得にできるんです。

ユーザー車検

人が動けば、会社は人件費が必要なので、手数料をとります。

ですので、自分で車検はやってしまいましょうというのがユーザー車検。1番安く済ませる方法がこれです。

自分で点検をして、書類を用意して陸運事務局に行きます。準備する書類は下記の3点。

  • 車検証
  • 自賠責保険証書
  • 納税証明書

他にも書類は必要ですが、他の書類は陸運事務局で手に入ります。

そして陸運事務局では、ユーザー車検の方にも優しくしっかり方法を教えてくれますので書類だけ準備していけばOKです。

ユーザー車検でも必要な交換部品がある

ユーザー車検では、前もって自分で点検をする必要があります。

その項目は「定期点検整備記録簿」に書いてあり、新車購入時などに購入済みで車検証と一緒に入っていますので確認してください。

点検項目に引っかかる場合は、交換をしなくては車検を通りません。

  • ブレーキの残量
  • タイヤの溝
  • 光軸
  • サイドスリップ

などは最低限みて、必要であれば交換しましょう。

光軸とサイドスリップについては、陸運事務局近くの「テスター屋」というところにいけば、数千円でやってくれますので利用してください。

予備検のみ依頼する方法もある

自分で整備や点検はできないけどユーザー車検したいという人もいます。

そういう人は予備検のみを依頼して、手続きは自分でやるという方法があります。

予備検というのは、車検を通るように整備だけしてもらって手続きは自分でやるディーラーはおそらくやってくれませんが、整備工場などを頼ればやってくれます。メリットは車検の事務手数料をカットできるところ。

お得になるのはたったの数万円。ですが自分で少し動くだけで数万円安くできますので、整備などに自信がないかたにもおすすめです。

車検業者に依頼する

3f361e73667a6c21acac784832e87b4f_s

ディーラーが高い場合は、車検業車に依頼してみると安くすむ可能性があります。

車検業者はただひたすら車検整備のみに徹底することで、費用を安くすむような仕組みを作っていますので、点検費用や事務手数料がディーラーに比べて安いのが特徴です。

さらに大きな交換部品がない場合は、数時間で車検が終了します。

台車があるときに予約して預けてなんて必要なく、1日で終わるのでクルマがないと生活できない人にもおすすめ。

ただしパーツ代は特に変わりませんので、車検が高い理由が交換部品が高いというケースではそこまで安くなりません。

ユーザー車検は面倒だし、自信はないけれど安くしたいという場合は、一度見積もりをとってみましょう。

保証期間中はディーラーで

新車を買ったり保証継承をしているクルマの場合は、ディーラーでの整備が基本です。

ディーラーでないと保証が効くような交換部品でも有料になったりするので、保証期間の点検は必ずディーラーで受けましょう。

そしてディーラーが高いのには他にも理由があるのです。

ディーラーでは、これから2年のうちに交換が必要なパーツは全て交換するようにしています。まだ使えるパーツであってもです。

それはなぜかというと、次の車検までもたないパーツは交換しておかないと2年いないに故障してしまったり、交換が必要なレベルまで到達してしまいます。

そうなったとき気がつかなければ危ない。だからディーラーはなくなる前に交換するんです。これから先の2年間を見越して。

だから高くても整備や自分で点検ができない人はディーラーに任せてしまうのは少しぐらい高くても安心を買っていると思えばお得なのです。

定期点検をしっかりとしていればディーラー車検は安くなる

33e9971484fb5977979f0020d921d576_s

ディーラーでの車検をお得にする方法として有効なのが、ちゃんと半年に1回は点検にだすこと。

車検だけでなく半年や12ヶ月点検にだしてもらえるような方の場合は、交換パーツもギリギリまで使えます。

今回はギリギリでも半年後に点検に来てくれる人なら、半年後の交換でもいいので、使えるパーツを無理に交換したりはしません。

2年に一回にまとめるから費用が高くなるし、もっと安くですんだ故障も広がっているかもしれません。

なので少し面倒でも、半年に1回は定期点検に出す。

そうやって大きな故障を未然に防ぎ、定期交換部品もこまめに変えられるようにしておくと、車検はそこまで高くなりません。

ディーラー以外の車検がお得ではある

車検をお得にするには、ディーラーを使わないことです。

できるだけ自分でやること。自分でやればやるほどお得にはなりますが、その分手間は増える。

手間が増えてしまったら困るのであればディーラーがいいでしょうし、車検業者に依頼すると少し安く抑えられます。

時間があるならユーザー車検が1番お得だけれど、点検方法がわからないのでハードルは高いです。

自分でどこまで手間をかけれらるかどうかのバランスをとることが、お得に済ませるポイントです。

自宅に居ながら車検、カード決済で車検ならグー車検

  • 不安なことはコンシェルジュに相談できる
  • 安心かつとことん便利に車検を受けることができる

「車検もっていくのめんどくさい」
「本当にこんなに整備しないと車検取れないの?」
「車検だけど現金がない」
「分割(リボ払い)で車検できないかな」

などニーズにお応えする車検なら、Goo車検を検討しましょう。

ご自身で近くの店舗を探すなら、加盟店数No.1の車検の比較・予約サイト【楽天車検】も併用すると良いでしょう。

【これらの記事も読まれています】