テレマティクス (Telematics) という言葉をご存知でしょうか?

これは、テレコミュニケーション(Telecommunication=通信)とインフォマティクス(Informatics=情報工学)から作られた造語になります。現在では主にカーナビなどの自動車関係でのサービスが主流となっていますが、利用者の行動に合わせて適したサービスを提供することができるという点でこれから注目を浴びている技術の一つです。

現時点では、自動車関連業界が一番このテレマティクスサービスを利用しやすいと言われています。

その先駆けは日産がはじめた「ビッグデータビジネス」です。このビッグデータとは日産の電気自動車リーフが収集する走行距離や運転履歴、現在どこにあるのかという位置データなどを指しています。

リーフにはインターネットを接続させることでそうしたデータを収集・送信することが可能なのです。

自動車保険では早くもこのテレマティクスを利用した商品が既に発売されています。

それは損害保険ジャパン日本興亜の「ドラログ」という自動車保険です。

「ドラログ」とはDrive(ドライブ・運転)とLog(ログ・記録)の2つの言葉から生まれた商品であり、その名の通り、その自動車の運転の記録を反映させた画期的な自動車保険です。

このもととなる記録が日産自動車から提供されているビッグデータなのです。

ドラログの契約対象車種はリーフに限られています。

これは十分なデータ通信機能を備え、かつ日産自動車が提供するビッグデータの利用が必要だからです。

では、ドラログはどのような点がよいのでしょうか?

ドラログでは、契約するリーフにインターネット接続を行う必要があります。

それによりリーフが実際に走ることによって得られた実際の走行距離、履歴、位置情報を得ることが出来るのです。リーフは契約中自らのデータを日産経由で損害保険会社に提供します。

そうして、契約者はマイページと呼ばれる契約者個人のページから契約車両の走行データを確認することが出来ます。このデータには燃費はもちろんのこと、急ブレーキの回数など自分がどのような運転を行っているのかを視覚的に確認することが出来るのです。

それにより自分の運転がエコなのか、それとも危険な傾向があるのか等を知ることが出来、契約者も安全運転を心がけるようになるという効果があります。

また車両が万が一盗難にあった場合等もその位置情報をもとにすぐに見つけることが出来るのです。

さらに契約2年度目以降は、契約一年目の走行距離に応じて保険料の割引を受けることが出来ます。

これまでも通販系自動車保険などで「走った分だけ」保険料を支払うということがありましたが、ドラログでは実際に自分が過去一年間に走った距離が基に保険料が算出されるため、非常に納得感が高いシステムになっています。

これにより昨年の走行距離が短ければ、その分保険料も安くなります。安全運転やエコデータを管理することで燃費よく走ることも出来る。

さらに安全運転の傾向が強まれば、事故を起こすリスクも減らすことが出来ます。

そのため、現在増えている週末ドライバーには特にうれしい制度なのです。

もちろん、毎日のように車に乗る方は保険料が高くなるので、そこはそうした方にはむいていない保険とも言えます。

これはリーフの走行に伴い日産自動車に集められた膨大な情報を損害保険会社に提供することで可能となった商品です。

これからこうしたビッグデータを活用したサービス・商品などは増えてくると思われます。

なぜなら、このビッグデータはリーフを持つ人がどこに出かける傾向あるのか、どの程度運転しているのかなどのデータも含みます。

利用方法によっては大きなビジネスチャンスを生み出す仕組みでもあるのです。

【これらの記事も読まれています】