運転免許証を持っている人であれば必ず加入している自賠責保険。

怪我をした人のためにある保険です。

前提として物損には対応していないということを理解しておかなければ、請求方法を知ったところで活用することができません。

その交通事故によって怪我をしたかどうかということが、まずは分かれ道です。

そして自身が事故の被害者であり、怪我で苦しんでいるという時に、相手がなかなか示談に向けて前向きに動いてくれないという時には、この自賠責保険を被害者請求することでスピード解決を目指す事が可能です。

被害者請求方法としては、相手の車が加入している保険会社の書類を入手し、必要書類を添えるというシンプルなものです。

これは自賠責保険だけが可能にしていることであるということを念頭においておく必要があります。

相手の任意保険分、つまり物損の補填などは、被害者請求は行えないということになります。

基本的に自賠責は被害者の救済を目的としたものであり、示談交渉が進んでいる状態であるとしても、怪我をしたことに間違いがないのであれば、支払いますよ、ということになります。

被害者請求を行う場合に注意しなければいけないことは、2年間の時効があるという点です。

被害者が死亡してしまった場合、怪我をしてしまった場合はその翌日から2年間、交通事故を原因とした後遺症があるので補償してほしい場合は、その症状が確定してから2年間が請求できる期間になっています。

交通事故の影響がこのように長期におよび、加害者の誠意が見られない場合はこのようにして直接救済してもらうことが可能になっているので、その点をしっかりと押さえておくことで泣き寝入りは防げます。

相手方の保険会社がしっかりと対応してくれる場合、自賠責分を立替えて請求してくれることもあります。

また、後遺症が発覚した場合の等級認定手続きを行ってくれる保険会社がほとんどですので、加害者側としっかりと交渉ができていて、対応してくれることが判明している場合は被害者請求を行う必要はないと考えて大丈夫です。

自賠責の被害者請求は相手が明らかに交渉を先延ばしにしている場合など、被害者が一方的に不利になってしまった場合などに行うものだという捉え方でいることが大切です。

まずは加害者との交渉が第一ですので、その推移をしっかりと把握することから事故処理を開始するのが最善の方法です。経過を見ても何も起こらない際の手段として握っておくということです。

【これらの記事も読まれています】