運転者と乗り合わせた方のケガを補償するための保険

自動車保険には、人身傷害補償保険と並んで、人への補償の1つとして「搭乗者傷害保険」もあります。

これはその名の通り、契約自動車へ搭乗中の方つまり運転者と乗り合わせた方のケガを補償するための保険です。

この搭乗者傷害保険では、契約時に特定した自動車が事故にあったときに、その自動車に搭乗中の人すべてを補償の対象として、あらかじめ定めた保険金額をそれぞれの人に支払います。

なお、「自動車に搭乗中の人」として補償の対象となるためには、被保険自動車の正規の乗車装置または当該装置のある室内(隔壁などにより通行できないように仕切られている場所を除きます。)に搭乗していることが必要です。

いわゆる箱乗りなどクルマから身を乗り出すなど極めて異常かつ危険な乗り方をしている場合は補償対象外となることもあります。

この搭乗者傷害保険は主に日額払もしくはケガをした部位毎に定められた保険金が支払われます。

同じ自動車保険における傷害を補償する人身傷害補償保険との違いは次の通りです。

人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険
事故の範囲 自動車事故全般(フルカバーの場合) 契約自動車内での事故のみ
補償の範囲 実損部分を補填 定額払

上記の通り、搭乗者傷害保険では事故の対象が契約自動車に限られ、かつ定額払となるため、その人のケガがひどい場合等は十分に補償できないことも想定されます。

また、相手のある事故の場合はその過失割合でもめている場合や治療期間が定まらない時には保険金がお支払いできないという点もあります。

一方で補償範囲が限られているゆえに、人身傷害補償保険よりも安価な保険料で契約自動車に乗るご友人などを補償できるという利点もあります。

なお、人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は補償としては似ていますが、両方付帯している場合は、同一の事故で両方の保険から保険金を受け取ることが可能です。

そのため、十分な補償を望まれる方は両方を付帯されています。

【これらの記事も読まれています】